全国膝関節症治療院-膝関節症治療の専門家

変形性膝関節症、半月板損傷、たな障害、分裂膝蓋骨、内外側靭帯損傷、オスグッド病等 自然形体療法で膝の痛みを克服された方の回復記録 膝関節症.com

膝関節症で悩まれていた方達の回復の記録
半月板損傷 5歳の女の子

半月板損傷 5歳の女の子

5歳 女子 バレエ(昨年8月~)

滋賀県の先生から紹介を受けて来院。

半年前から右足を引きずるようにして走っていた。

段々と痛みも出るようになり、整形外科でMRIを撮ると右膝の外側の半月板を損傷していると診断。

スキップやランニングで痛み。

膝のお皿のちょうど上が痛い。

押さえると痛い。

何故か正座はOK。

座位で検査。

身体を丸めてもらうと大きな「く」の字。

お母様が見ても一目瞭然。

少し良くなったところで膝へ。

施術をしていると色々な症状が見えてきた。

恐怖からか、力がかなり入っている。

うつ伏せで足を牽引すると痛い。

仰向けで膝を曲げると痛い。

膝を外に捻るようにすると痛い。

子供を施術している時は何処が痛いかを明確に聞く必要がある。

膝じゃなくて持っている手が痛い事もある。

子供はそこまで説明してくれないので「痛い。」の一点張り。

今日も勘違いをしそうになった。

それはさておき全く痛みが変わらない。

一時間ぐらい経っても変化が無い。

楽にもならない。

しかし施術中にヒントが見つかった。

仰向けの状態で片足で膝を曲げていくと痛いが、両足を同時に曲げていくと痛くないのだ。

これで腰じゃないかと思った。

早速やってみる。

これで片足で膝を曲げていく時の痛みが取れた。

捻る動作はまだ痛い。

時間を掛けて同じ事をもう一度やる。

捻る動作がこれでOKに。

スキップももしかして…。

無痛でした。

今度は廊下でダッシュ。

これも無痛でした。

しかも来院時の走り方を比べると全くの別人。

勢いというかスピードが全然違っていました。

本人も手応えを感じていたのかな?

「腰が原因でしたよ。膝は全く関係ありませんでした。」

「えー。」

手術の話も出ていたらしい。

まさに間一髪でした。

女の子にも笑顔が戻った。

施術前と後とでは顔の明るさが全然違っていました。

女の子の無邪気な笑顔にはすごく癒されますね~。

曲がっていた背骨もほとんど良くなった。

今回のケースだと多分バレエは大丈夫だろうと説明。

後は睡眠を8時間ぐらい摂るように指導。

また痛くなるようだったら来たら良いと伝えて終了した。

後日京都の先生から「(女の子の)おばあちゃんから喜んで電話が掛かってきましたよ。」と報告があった。

一安心。

このように腰がきっかけとなって膝に痛みが出る事もあるのです。

きむら自然形体院

香川県観音寺市大野原町花稲944-2

090-3788-3568

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>